SwiftUI

SwiftUI

【SwiftUI】Alertの使い方

ユーザーに確認を促すアラートダイアログを表示する、Alertの使い方について解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】Buttonの使い方

Buttonは、ユーザーがタップして何かをするの使う処理を記述するViewです。
SwiftUI

【SwiftUI】画像(Image)の使い方

SwiftUIで画像を表示するのには、Image()を使用します。 Image()はプロジェクトに取り込んだ画像の他に、OSに標準で組み込まれたシステムアイコンの表示も可能です。
SwiftUI

【SwiftUI】グラデーションの使い方

グラデーションとは、連続した階調で色調や透明度が変化していく色の指定を指します。 SwiftUIでは線形、放射状、円すい状の3種類のグラデーションが使えます。 これらのグラデーションはすべて、Viewとして単独で使用したり、Modifier...
SwiftUI

【SwiftUI】色の指定方法

SwiftUIでの色の指定方法を解説します。 色の指定にはColor構造体を使用します。
SwiftUI

【SwiftUI】 Viewのレイアウト(VStack、HStack、ZStack)

SwiftUIではStackと呼ばれる部品配置用のViewを組み合わせて、レイアウトを作成します。 本記事では3つのStack View(VStack、HStack、ZStack)の使い方を解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】Pickerの使い方

Pickerは複数の選択肢の中から1つの値をユーザーに選択させる為の部品です。 図のような回転ホイール表示が代表的なスタイルですが、プラットフォームによってスタイルが自動的に変わる特徴があります。
SwiftUI

【SwiftUI】ForEachの使い方(2/2)

ForEachの繰り返し処理にて出力したデータを変更(追加、削除、並び替え)できるようにするには、SwiftUIが該当データを識別する為に、各要素の一意性が保証されている必要があります。 本記事(2/2)では、各要素の一意性を保証したデータ...
SwiftUI

【SwiftUI】ForEachの使い方(1/2)

ForEachは繰り返し処理の中で、Viewを生成する仕組みです。 たとえば、名前の配列をループしてそれぞれをTextViewにしたり、メニュー項目に追加したりする事ができます。 加えて、ForEachを使うとViewを手動で追加した場合に...
SwiftUI

【SwiftUI】Viewを11個以上並べる方法

SwiftUIにはVStackやHStackなどのコンテナでViewを10個までしか並べられない制限があります。 11個以上のViewを並べる方法を紹介します。
スポンサーリンク