【SwiftUI】Toggleの使い方

ON/OFF状態を切り替えるToggleの使い方を解説します。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】11.6
【Swift】5.2.4
【iOS】13.6
【macOS】Catalina バージョン 10.15.6
スポンサーリンク

基本的な使い方

基本的なイニシャライザは次の通りです。

引数isOnに状態を表すBool型のプロパティを指定します。
このプロパティは値が変更できるように@State等で宣言しておきます。
頭に$が付いているのは、プロパティの参照を渡して、Toggle()が値を更新可能にする意味があります。

ラベルが文字列のみ場合は、次のようなイニシャライザも使用可能です。

使用例

状態の変更に合わせてラベルの表示が変わる例です。

Toggleの使用例

スポンサーリンク

ラベルを自由に配置する

Toggleの標準ラベルはレイアウトの柔軟性に乏しいので、自由にラベルを配置したい場合は、.labelsHidden()モディファイアを使って、標準ラベルを非表示にすると良いです。

こちらは、ラベルをToggleの上部に表示させる例です。

ラベルを自由に配置する

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

【SwiftUI】条件によってViewの見た目を変える方法
(2020/10/24 更新)特定の条件によってViewの見た目を変える方法を紹介します。
【SwiftUI】Formの使い方
(2020/11/8 更新)Formは設定画面などのデータ入力に使用するコントロールをグループ化するコンテナとして使用します。
【SwiftUI】Buttonの使い方
Buttonは、ユーザーがタップして何かをするの使う処理を記述するViewです。
スポンサーリンク
SwiftUI
カピ通信