【SwiftUI】値の変更を検知する(onChange)

値の変更を検知するonChangeモディファイアの使い方を解説します。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】12.5RC
【Swift】5.4
【iOS】14.5
【macOS】Big Sur バージョン 11.5.2
スポンサーリンク

基本的な使い方

【引数】
of
監視対象の値。この値が変更されると、performで指定されたクロージャーが実行されます。

perform
監視対象の値が変更された時に実行するクロージャー。
クロージャーはメインスレッドで実行されるので、長時間実行されるタスクは、バックグラウンドのキューに送る必要があります。
クロージャーでは引数として監視対象の変更後の値を受け取ります。

onChangeモディファイアを記述する場所は、値のスコープ範囲内であればどこでも良いです。

使用例

TextFieldにバインドされた値が変更される度にonChangeが呼ばれます。

基本的な使い方

基本的な使い方(実行例)

スポンサーリンク

変更前の値を受け取る

クロージャーを次のように記述すると、変更前の値が受け取れます。

注意点として、変更後プロパティ名は任意に指定できますが、変更前プロパティはスコープ内の実プロパティ名でなければいけません。

使用例

変更前の値を受け取る(実行例)

スポンサーリンク

onChangeを複数記述したらどうなるのか?

監視対象が同一のonChangeを複数記述した場合、どちらも実行されるようです。

onChangeを複数記述したらどうなるのか?(実行例)

スポンサーリンク

クロージャー内で再度値を変更したらどうなるのか?

onChange()のクロージャー内で、監視対象のプロパティを変更した場合、2回までは繰り返し実行されますが、以降はエラーメッセージが出て実行されません。

クロージャー内で再度値を変更したらどうなるのか?(実行例)

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

【SwiftUI】TextFieldの使い方
(2020/09/26 更新)テキスト入力に使うTextField()の使い方を解説します。
スポンサーリンク
SwiftUI
カピ通信