SwiftUI

【SwiftUI】Core Dataの使い方:リレーションシップ編

リレーションシップを使ってエンティティ同士をリンクする方法を解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】Core Dataの使い方:検索編(3/3)

前の2つの記事 では、SwiftUIの特徴であるデータバインディングの仕組みを使い、検索結果とViewを紐付ける方法を紹介しました。これにより、検索結果に応じてViewが自動で再描画されます。 しかし、検索結果を別の処理のインプットに...
SwiftUI

【SwiftUI】Core Dataの使い方:検索編(2/3)

検索条件を動的に変更する方法を解説します。 の続編です。
SwiftUI

【SwiftUI】Core Dataの使い方:検索編(1/3)

データベースを検索して、オブジェクトとして取得するfetch処理について解説します。 を先に見ておくことをおすすめします。
SwiftUI

【SwiftUI】Core Dataの使い方:基本編

SwiftUIでCore Dataの基本的な使い方を簡単なTodoリストアプリを例に解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】Core Dataの使い方:準備編

SwiftUIでCore Dataを扱うための前提知識と、新規プロジェクトの作成方法について解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】Core Dataの使い方:エンティエィ(Entity)を定義する

(2021/03/17 更新) Xcodeでエンティティを定義する方法を解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】Core Dataの使い方:標準テンプレートを読み解く

SwiftUIでのCore Dataの使い方を、標準テンプレートを読み解きながら解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】環境変数presentationModeについて

環境変数presentationModeについて解説します。
swift

【Swift】if let とは?

Swiftのコードでよく見かける if let 構文について解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】@EnvironmentObjectの使い方

SwiftUIのデータバインディングの仕組みの一つで、アプリケーション全体でデータを共有する為の@EnvironmentObjectの使い方を解説します。 その他のデータバインディングについてはこちらの記事を御覧ください。
SwiftUI

【SwiftUI】データバインディング

SwiftUIのデータバインディングの仕組みである@State、@ObservedObject、@EnvironmentObject各々の特徴について解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】選択可能なListの生成

選択可能なListを生成する方法を解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】NavigationViewでのボタン配置(toolbar)

NavigationViewでのボタン配置を制御するtoolbarモディファイアについて解説します。 toolbarはiOS14から使えるようになったModifierです。 それ以前でのボタン配置方法はこちらの記事を参照してください。
SwiftUI

【SwiftUI】 Labelの使い方

Labelはタイトルとアイコンで構成されたラベルを表示する為の専用Viewで、iOS14から使えるようになりました。
SwiftUI

【SwiftUI】入力値チェックの方法

エントリー画面で入力された値をチェックして、登録ボタンのON/OFF制御を行う方法を解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】外部サイトからデータを取得する

(2021/04/03 更新) 外部サイトからJSON形式のデータを取得する方法を解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】ダークモード対応

アセットカタログを使ったダークモード対応について解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】Viewの彩度を調整する(saturation)

Viewの彩度を調整するsaturationモディファイアの使い方を解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】ImagePaintの使い方

SwiftUIでは色やグラデーションの他に、図形を塗りつぶすために画像が使えます。 この目的のためにImagePaint構造体を使用します。
SwiftUI

【SwiftUI】iOS14でListの表示スタイルが変わるケース

(2020/11/6 更新) iOS14からListの表示スタイルがこれまでと変わってしまうケースがあったので、その対処方法を解説します。
swift

【Swift】アプリ内のファイル読み書き

(2021/04/09 更新) アプリ内のファイル読み書き方法を解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】図形の塗りつぶし(fill)

図形を塗りつぶすfillモディファイアについて解説します。
swift

【Swift】strideの使い方

strideは開始値、終了値、刻み幅で構成される型です。 for-in文と一緒に使うと、範囲指定の繰り返しで刻み幅が指定できます。
スポンサーリンク