swift

【Swift】DateFormatterの使い方

日付と時間の書式を定義するクラスです。 Date構造体←→テキストの相互変換に使います。
swift

【Swift】Calendarの使い方

Calenderは主に日付と時間の計算を行う際に使用する構造体です。
swift

【Swift】Localeの使い方

Localeは、言語と地域を組み合わせたロケール情報を保持する構造体です。 日付や時間、金額、数値等の書式の決定に影響します。
swift

【Swift】Dateの使い方

Dateはカレンダーやタイムゾーンに依存しない「特定の時点」を示す構造体です。 単体で日時の比較や、時間間隔の計算等が可能ですが、夏時間、閏年、うるう秒、暦法(ユリウス暦やグレゴレオ歴等)等は考慮されませんので、正確に算出する為にはCal...
swift

【Swift】TimeZoneの使い方

TimeZoneはタイムゾーン(標準時間帯)情報を保持する構造体です。 タイムゾーンはある地域での標準時間を表す指標で、GMT(グリニッジ標準時)との時差で表します。 日本の標準時間である日本標準時(JST)はGMT+9時間で定義されていま...
SwiftUI

【SwiftUI】Stepperの使い方

Stepperの使い方を紹介します。 [-]と[+]ののボタンで値を増減するタイプの部品です。
swift

【Swift】乱数を生成する方法

Swiftで乱数を生成する方法を解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】Viewの境界線描画(border)

Viewの境界線を表示する.border()について解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】Viewに影をつける(shadow)

Viewに影のエフェクトを付加する.shadow()について解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】フォントの指定方法(font)

フォントの指定方法を解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】Viewの背景設定と重ね合わせ

Viewの背景設定と、別のViewを重ねる方法を解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】Viewに余白を付加する(padding)

(2020/06/07 更新) Viewに余白を付加するpaddingモデファイアについて解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】Viewの切り取りとマスク

Viewの一部分を切り取る方法を解説します。 主に画像の切り抜き等で使える方法です。
SwiftUI

【SwiftUI】図形のパス(線)描画(stroke)

図形のパス(線)を描画する.stroke()の使い方を解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】組み込み図形の描画

SwiftUIに標準で用意されている組み込み図形描画の部品を紹介します。 これらの部品はShapeプロトコルに準じています。
SwiftUI

【SwiftUI】アラートの使い方(alert)

ユーザーに確認を促すアラートダイアログを表示する、.alert()の使い方について解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】Buttonの使い方

Buttonは、ユーザーがタップして何かをするの使う処理を記述するViewです。
SwiftUI

【SwiftUI】画像(Image)の使い方

SwiftUIで画像を表示するのには、Image()を使用します。 Image()はプロジェクトに取り込んだ画像の他に、OSに標準で組み込まれたシステムアイコンの表示も可能です。
SwiftUI

【SwiftUI】グラデーションの使い方

グラデーションとは、連続した階調で色調や透明度が変化していく色の指定を指します。 SwiftUIでは線形、放射状、円すい状の3種類のグラデーションが使えます。 これらのグラデーションはすべて、Viewとして単独で使用したり、Modifier...
SwiftUI

【SwiftUI】色の指定方法

SwiftUIでの色の指定方法を解説します。 色の指定にはColor構造体を使用します。
SwiftUI

【SwiftUI】 Viewのレイアウト(VStack、HStack、ZStack)

SwiftUIではStackと呼ばれる部品配置用のViewを組み合わせて、レイアウトを作成します。 本記事では3つのStack View(VStack、HStack、ZStack)の使い方を解説します。
SwiftUI

【SwiftUI】Pickerの使い方

Pickerは複数の選択肢の中から1つの値をユーザーに選択させる為の部品です。 図のような回転ホイール表示が代表的なスタイルですが、プラットフォームによってスタイルが自動的に変わる特徴があります。
SwiftUI

【SwiftUI】ForEachの使い方(2/2)

ForEachの繰り返し処理にて出力したデータを変更(削除、並び替え)できるようにするには、SwiftUIが該当データを識別する為に、各要素の一意性が保証されている必要があります。 本記事(2/2)では、各要素の一意性を保証したデータコレク...
SwiftUI

【SwiftUI】ForEachの使い方(1/2)

ForEachは繰り返し処理の中で、Viewを生成する仕組みです。 名前の配列をループしてそれぞれをTextView化する、あるいはメニュー項目に追加するなどの動きを実現します。 加えて、ForEachを使うとViewを手動で追加した場合に...
スポンサーリンク