【SwiftUI】入力値チェックの方法

エントリー画面で入力された値をチェックして、登録ボタンのON/OFF制御を行う方法を解説します。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】12.0
【Swift】5.3
【iOS】14.0
【macOS】Catalina バージョン 10.15.6
スポンサーリンク

基本的な入力値チェック方法

ButtonなどのコントロールViewの操作ON/OFFを制御するには、.disabledモディファイアを使用します。
引数にON/OFFを決定するBool値を指定しますので、そこに入力値チェックの結果を渡してやります。

以下にユーザー名とメールアドレスを入力するフォームの例を示します。
.disabledモディファイアを使って、両方の値が入力された時にのみユーザー登録ボタンを有効にしています。

入力値チェックの例

スポンサーリンク

入力値チェックを外出しする

入力値チェックを計算型プロパティにして外出ししても良いでしょう。
次の例は、ユーザー名、メールアドレス共に5文字以上ないと、登録ボタンが有効になりません。

また、次のように、functionへの置き換えも可能です。

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

【Swift】文字列の扱い方
Swiftでの文字列の扱い方をまとめました。
【SwiftUI】Formの使い方
FormはiOSの「設定」アプリのようなUIを実現するViewタイプです。データ入力用の部品(View)をグループ化して表示できます。
Kindle unlimited 読み放題で読める管理人のおすすめ本です!
スポンサーリンク
SwiftUI
カピ通信