【SwiftUI】モーダル画面の表示(fullScreenCover)

Viewをモーダル表示にするfullScreenCoverの使い方を解説します。
iOS14から使えるようになったモディファイアで、カードを重ねたような表示になるシート(sheet)とは異なり、画面全体を覆うモーダルViewを表示します。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】13.0
【Swift】5.5
【iOS】15.0
【macOS】Big Sur バージョン 11.6
スポンサーリンク

基本的な使い方

使い方は、sheet モディファイアと全く同一ですので、各イニシャライザの詳しい説明は【SwiftUI】シートの使い方(sheet)を参照してください。
fullScreenCoverは、sheetと異なりスワイプで画面を閉じるれないので、閉じる仕組みを開発者が用意する必要があります。
fullScreenCoverは階層的にも使えます。fullScreenCoverで開いた画面からさらに別の画面がfullScreenCoverで開けます。

【引数】
isPresented
モーダルViewの表示可否を決める表示フラグ変数です。モーダルViewが閉じられると、表示フラグは自動的に false に戻ります。

onDismiss
モーダルViewが閉じる時に実行されるクロージャを指定します。

item
モーダルViewに渡すパラメータを含んだオブジェクトのバインディングを指定します。
itemがnil以外の場合に、モーダルViewが表示されます。
itemはIdentifiableに準拠する必要があります。
モーダルViewが破棄された場合、itemは自動的に nil に戻されます。
itemが変更された場合は、モーダルViewは一旦破棄され再描画されます。

使用例

UntitledImage

上記使用例では、モーダル画面の範囲がわかるように、背景の色を変えています。
セーフエリアを含めてた範囲もカバーしたい場合は、こちらの記事で解説しているignoresSafeAreaモディファイアを使用してください。

【SwiftUI】Viewをセーフエリア外に拡張する(ignoresSafeArea)
Viewをセーフエリア外に拡張する .ignoresSafeArea() モディファイアについて解説します。iOS14から使えるようになったモディファイアで、以前からあった .edgesIgnoringSafeArea() は depre...
スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

【SwiftUI】シートの使い方(sheet)
(2021/10/10 更新)Viewをモーダル表示にするシート(sheet)の使い方を解説します。完全な全画面表示ではなく、元の画面の上にカードをのせたようなイメージで、遷移元の画面が少し見えるのがシートの特徴です。画面全体を覆う...
【SwiftUI】画面を閉じるdismissとisPresentedについて
画面を閉じる為に使うdismissとisPresentedについて解説します。どちらも環境変数(EnvironmentValues)で定義されており、@Environmentプロパティラッパーで取得します。iOS14以前で同様の機能を実...
【SwiftUI】画面の背景色指定
(2021/09/12 更新)画面の背景色を指定する方法を解説します。UIKitではUIViewControllerのプロパティで設定しますが、SwiftUIではどうするのでしょうか?
スポンサーリンク
SwiftUI
カピ通信