【SwiftUI】Viewの境界線描画(border)

Viewの境界線を表示する.border()について解説します。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】11.2.1
【Swift】5.1
【iOS】13.2.2
【macOS】Catalina バージョン 10.15.3

基本的な使い方

Viewに対するModifierとして使用します。
境界線のスタイルにはColorやグラデーションを指定可能です。
引数(width)では境界線の太さを指定します。デフォルト値は1です。

使用例

border使用例

境界線が描画されるのは、実際の境界線の内側になりますので、太さによってはViewのコンテンツと重なる場合があります。
コンテンツと境界線の間にスペースを追加するには、上記例のように.padding()と組み合わせて使用します。

あわせて読みたい記事

【SwiftUI】Viewに余白を付加する(padding)
(2020/06/07 更新)Viewに余白を付加するpaddingモデファイアについて解説します。
【SwiftUI】Viewのフレームサイズ指定
Viewのフレームサイズを指定する方法を解説します。フレームはレイアウトの基準となる枠で、実際のView表示サイズとは異なる事があります。具体的な例を示すと、下の図の青背景の部分が元々のTextView、回りの赤枠がこのViewに設定さ...
【SwiftUI】グラデーションの使い方
グラデーションとは、連続した階調で色調や透明度が変化していく色の指定を指します。SwiftUIでは線形、放射状、円すい状の3種類のグラデーションが使えます。これらのグラデーションはすべて、Viewとして単独で使用したり、Modifier...