【SwiftUI】Viewにぼかし効果をつける(blur)

Viewにぼかし効果をつける.blur()について解説します。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】11.4.1
【Swift】5.2
【iOS】13.4.1
【macOS】Catalina バージョン 10.15.4
スポンサーリンク

基本的な使い方

Viewに対するModifierとして使用します。
引数(radius)で指定したサイズのぼかし効果を付加します。
サイズが大きいほど、ぼかしがより拡散します。

使用例

基本的な使い方

スポンサーリンク

不透明なぼかし効果

不透明なぼかし効果を作成するには引数(opaque)をtrueにします。デフォルト値はfalse(透明)です。

両者の違いは、使用例を御覧ください。

使用例

不透明なぼかし効果

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

【SwiftUI】Viewに影をつける(shadow)
Viewに影のエフェクトを付加する.shadow()について解説します。
【SwiftUI】Viewの不透明を変更する(opacity)
Viewの不透明度を変更するopacityモディファイアについて解説します。
【SwiftUI】画像(Image)の使い方
SwiftUIで画像を表示するのには、Image()を使用します。Image()はプロジェクトに取り込んだ画像の他に、OSに標準で組み込まれたシステムアイコンの表示も可能です。
Kindle unlimited 読み放題で読める管理人のおすすめ本です!
スポンサーリンク
SwiftUI
カピ通信