【SwiftUI】Viewの不透明を変更する(opacity)

Viewの不透明度を変更するopacityモディファイアについて解説します。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】11.5
【Swift】5.2.4
【iOS】13.5
【macOS】Catalina バージョン 10.15.4

基本的な使い方

引数に不透明度を0.0(完全に透明)〜1.0(完全に不透明)の範囲で設定します。
例えば30%の不透明度にする場合は0.3を指定します。
不透明度の適用によって、Viewの背後にある別のViewを見えるようにしたり、Viewの強調を解除したりする効果があります。

使用例

スライダーを使って前面のイメージViewの不透明度を下げていくと、だんだん背面の文字が見えるようになるサンプルです。

opacityの使用例

あわせて読みたい記事

【SwiftUI】Viewにぼかし効果をつける(blur)
Viewにぼかし効果をつける.blur()について解説します。
【SwiftUI】Viewに影をつける(shadow)
Viewに影のエフェクトを付加する.shadow()について解説します。