【SwiftUI】UnitPointの使い方

UnitPointはViewの相対的な位置を定義する構造体です。
用途としては、例えばrotationEffectを使ってViewを回転する時の中心点の指定などがあります。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】11.4.1
【Swift】5.2
【iOS】13.4.1
【macOS】Catalina バージョン 10.15.4

基本的な使い方

引数(x)と引数(y)で位置を示します。
(x: 0.0, y: 0.0)がViewの左上、(x: 1.0, y: 1.0)がViewの右下、(x: 0.5, y: 0.5)がViewの中央を表します。
マイナス値や1.0より大きい数値は、Viewフレーム外の位置を指します。

使用例

基本的な使い方

プロパティによる位置指定

xとyで指定する代わりに、下記に示すプロパティによる位置指定も可能です。

.topLeading
左上
(x: 0.0, y: 0.0)
.top

(x: 0.5, y: 0.0)
.topTrailing
右上
(x: 1.0, y: 0.0)
.leading

(x: 0.0, y: 0.5)
.center
中央
(x: 0.5, y: 0.5)
.trailing

(x: 1.0, y: 0.5)
.bottomLeading
左下
(x: 0.0, y: 1.0)
.bottom

(x: 0.5, y: 1.0)
.bottomTrailing
右下
(x: 1.0, y: 1.0)

使用例

プロパティによる指定