【SwiftUI】カスタムModifierの作成

SwiftUIでは、定形のModifierをまとめたカスタムModifierを作成できます。これは、繰り返し処理を避け、ソースの簡素化をはかるのに有効です。
本記事では、カスタムModifierの定義方法と使用方法を紹介します。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】11.2.1
【Swift】5.1
【iOS】13.2.3
【macOS】Catalina バージョン 10.15

カスタムModifierの定義

カスタムModifierはViewModifier protocolに準じた構造体として定義します。
次のコードはタイトル用のカスタムModifier”MyTitle”を定義するサンプルです。

使用する際には次のようにmodifier()メソッドを使います。

【図1:カスタムModifierの使用例】

注意点として、カスタムModifier内で使えるのは、View protocol に定義されている一般的なModifierのみです。
例えば resizable() のように、特定のViewにしか有効でないものは使えません。

modifier()メソッドをラップする

次のようにViewのextensionとして定義する事で、modifier()メソッドを任意のメソッドに置き換えられます。

先程のmodifier()メソッドを呼び出す部分が次のように置き換えられます。

カスタムModifierでView構造を定義する

カスタム修飾子は、既存の修飾子の組み合わせだけでなく、必要に応じて新しいView構造を作成できます。
次の例は、ViewをStackに埋め込み、別のViewを追加するオブジェクトを作成する事で、著作権表示の機能を実現しています。

【図:著作権表示のカスタムModifier】

最後に

カスタムModifierの作成方法でした。

SwiftUI
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カピ通信

コメント