【SwiftUI】複数のアラート(alert)を使う方法

(2020/11/30 更新)

1画面内で複数のアラートを使い分ける方法を解説します。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】12.2
【Swift】5.3.1
【iOS】14.2
【macOS】Catalina バージョン 10.15.7
スポンサーリンク

やりたい事

2種類のボタンをタップして、各々別のアラートを表示させます。

やりたい事

スポンサーリンク

間違った方法

次のコードはコンパイルエラーこそ発生しませんが、想定通りには動きません。
2つ目のalertモディファイアが1つ目を上書きしてしまう為、「アラート1表示」をタップしてもアラートが表示されません。

スポンサーリンク

方法1:親子関係に無いViewに別のアラートを定義する

次のコードのようにalertモディファイアを各々のButtonビューに定義すると、2種類のアラートが想定通り表示されます。
注意点として「親子関係に無いView」に分けて定義する必要があります。
親子関係のあるViewに分けて定義した場合は、最初の例のように定義が上書きされてしまいます。

スポンサーリンク

方法2:動的にアラートを生成する

alertモディファイアのもう一つのイニシャライザを使用すると、アラートを動的に生成できます。

引数(item)で指定した状態オブジェクトがnilでない場合に、クロージャーに定義した処理が実行されてアラートを表示します。
状態オブジェクトの型は開発者が任意に定義しますが、Identifiableプロトコルに準拠している必要があります。
次のコードは、状態オブジェクト(AlertItem)にセットするAlertオブジェクトを変えて、動的にアラートを切り替えます。

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

【SwiftUI】アラートの使い方(alert)
(2020/8/13 更新)ユーザーに確認を促すアラートダイアログを表示する、.alert()の使い方について解説します。
【SwiftUI】Modifierの適用順
Viewに様々な変更を適用するModifierですが、適用する順番によって挙動が変わる事があります。これはModifierが既存のViewのプロパティを変更しているのでは無く、変更を適用した新しいViewを毎回作成している事に関係します。...
スポンサーリンク
SwiftUI
カピ通信