【Swift】strideの使い方

strideは開始値、終了値、刻み幅で構成される型です。
for-in文と一緒に使うと、範囲指定の繰り返しで刻み幅が指定できます。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】11.7
【Swift】5.2.4
【iOS】13.7
【macOS】Catalina バージョン 10.15.6
スポンサーリンク

仕様

fromからtoまでの範囲のリストをbyで指定した刻み幅で生成します。
生成されたリストに、toで指定した最終値は含まれません。
刻み幅にはマイナス値(減少)も指定可能です。
各値は整数の他に浮動小数点数が使えます。

生成されたリストに、throughで指定した最終値が含まれます。
その他の仕様は上記と同様です。

スポンサーリンク

基本的な使用例

0から10未満の数値を、2刻みで繰り返します。
終了値の10は繰り返しの範囲に含みません

こちらは、終了値の10を繰り返しの範囲に含みます

マイナス刻みも可能です。

浮動小数点も使用可能です。

Kindle unlimited 読み放題で読める管理人のおすすめ本です!
スポンサーリンク
swift
カピ通信