【Swift/iOS】ViewControllerの追加方法

storyboardにViewControllerを追加する方法を解説します。

新規プロジェクト作成時にデフォルトで存在するViewControllerには、始めからクラスファイル(ViewController.swift)が関連付けられていますが、後からViewControllerを追加する場合は、自分で関連付けをする必要があります。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】10.2
【Swift】5.0
【iOS】12.2
【macOS】Mojave バージョン 10.14.4

ViewContoller部品の追加

次の手順でstoryboardにViewController部品を追加します。

  • ①Libraryボタンをクリック。
  • ②部品リストが開くので、
  • ③ViewControllerを選んでstoryboardにドラッグします。

画像:ViewController部品の追加(画像をクリックで拡大します)

新たなViewControllerがstoryboardに追加されました。

画像:ViewContoller部品が追加された(画像をクリックで拡大します)

クラスファイルの追加

メニューからFile>New>File…を選択。

テンプレート選択メニューが開くので、「Cocoa Touch Class」を選択して「Next」をクリック。

画像:クラスファイルの追加(画像をクリックで拡大します)

追加したViewControllerに付けるClass名を入力します。

SubclassにはUIViewControllerを選択します。

「Next」をクリックすると、ファイルの作成場所を聞いてくるのでそのまま「Create」をクリック。

画像:クラス名の入力(画像をクリックで拡大します)

画面左のプロジェクトナビゲーターに、追加したクラス(SecondViewController.swift)が追加されました。

画像:プロジェクトナビゲーターに追加された(画像をクリックで拡大します)

部品とクラスファイルの関連付け

次の手順でViewController部品とクラスファイルを関連付けます。

  • ①追加したViewControllerを選択
  • ②identity Inspectorをクリック
  • ③Classに先程追加したクラス(SecondViewController)を選択

画像:部品とクラスファイルの関連付け

以上で、部品とクラスの関連付けが完了です。

最後に

追加したViewControllerの動作に関するコードは、関連付けられたクラスファイルに記述していきます。

コメント