XcodeでGitLabを使う

XcodeでGitLabを使う手順が意外と見つからなかったのでまとめてみました。

本記事では、ローカルにあるXcodeのプロジェクトを、GitLabに新規登録する手順を解説します。

既にXcodeでgitを使っている事を前提としていますので、ローカルリポジトリの作成がまだの場合は、先にこちらの記事を参照してください。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】Version 10.0
【GitLab】Enterprise Edition 11.7.0-ee

リモートリポジトリの作成

はじめにGitLab上にリモートリポジトリを作成します。

作成開始

GitLabにログインし、以下の手順で空のプロジェクトを作成します。

空のプロジェクト作成

① メニューバーの「+」をクリックしてから
②「New Project」を選択

上記を実行すると、プロジェクト作成画面に遷移します。

プロジェクト作成画面

以下のようなプロジェクト作成画面が開いたら、必要な項目を入力して「Create Project」をクリックします。

画像:プロジェクト作成画面(画像をクリックで拡大します)

Project name
任意のプロジェクト名を入力します。ローカルのプロジェクト名と同じでOKです。
日本語名も設定できます。
Project slug
プロジェクトのコードネームのようなものです。URLの一部として使われます。
通常はプロジェクト名と同じものがデフォルトで設定されますが、URLとして使えるよう空白は’-‘(ハイフン)に置き換えられます。
プロジェクト名に日本語を使った場合は、そのままURLにはできずにエラーとなるので、英数字の名前に置き換えてください。
 Project description
プロジェクトの説明を入力します。
Visibility Level
次に示す3つのアクセスレベルから1つを選択します
Private・・・許可されたユーザーのみアクセス可能
Internal・・・GitLabにログインしている全ユーザがアクセス可能
Public・・・インターネット上の全てのユーザーがアクセス可能

リモートリポジトリURLのコピー

プロジェクトの作成に成功するとproject画面が開きますので、画面の右上の方にある「Clone」ボタンをクリックして、リポジトリのURLをコピーして下さい。コピーしたURLは以降の手順で使用します。

図:リモートリポジトリのURLコピー

Xcodeからリモートリポジトリに接続

Xcodeから、先程作成したリモートリポジトリに接続します。

接続開始

Xcodeでローカルのプロジェクトを開き、次の手順で先程作成したリモートリポジトリに接続します。

ローカルリポジトリに接続

①Navigation AreaのSource Controll navigaterで ②ローカルリポジトリを選択 ③メニューバーの「Editor」→「Add Exsting Remote…」を選択する

するとリモートリポジトリを指定する入力ダイアログが開きます。

リモートリポジトリの指定

次のダイアログで、接続するリモートリポジトリを指定します。

リモートリポジトリの指定

Remote Name: はリモートリポジトリを示す名前です。デフォルトでoriginが入っていますので、そのままでOKです。 Lcation:には先程コピーしたリモートリポジトリのURLを入力します。 Addをクリックすると通常は接続が完了します。

認証情報の入力

Xcodeから初めて対象のGitLabアカウントにアクセスする際には、下図のようなダイアログが出て、認証情報の入力を求められます。

Tokenの入力を求めるダイアログ

認証情報には、Account(GitLabのユーザー名)の他にTokenと呼ばれる認証鍵が必要です。 TokenはあらかじめGitLab上で取得しておく必要があります。

取得手順はこちらの記事を参照してください。

一度サインインすると、Xcodeに認証情報が記録されるので、次回からはこのダイアログは出なくなります。

認証情報の確認方法

登録された認証情報はメニュー「Xcode」→「Preferences…」でダイアログを開き、「Accounts」タブを選択する事で確認可能です。

認証情報の確認

リモートリポジトリへのpush

XcodeからGitLabへの接続が完了したら、リモートリポジトリの更新(push)を実行してみましょう。 メーニューからコマンドを選択して実施する方法と、commitと同時に行う2種類の方法があります。

メニューから選んでプッシュ(Push)

Source Control」メニューから「Push」を選択します。

メニューからプッシュ

次のダイアログでリモートブランチを選択して「Push」押下します。 デフォルトではローカルと同名のブランチが選択されますが、同名のブランチが存在しない場合は、下図のようにCreate(新規作成)されます。

リモートリポジトリを選択

コミット(commit)と同時にプッシュ(push)

commitと同時にpushするには、下のコミットコメント入力画面で左下にチェックを入れます。

コミットと同時にプッシュ

これでcommitと同時にリモートリポジトリも更新されます。

まとめ

XcodeからGitLabのリモートリポジトリにpushする手順の解説でした。

本記事では何をしているか理解しやすいように、一旦GitLab上で作ったリポジトリに対してXcodeから接続していますが、実はXcodeから直接リモートリポジトリを生成する事も可能です。

慣れればそちらの方がXcodeだけで操作を完結できるので便利です。

開発
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カピ通信

コメント