Xcodeでgitを使う(基本編)

Xcodeでgitを使う手順です。 ローカルリポジトリの作成とコミット手順までを説明します。

スポンサーリンク

環境

【Xcode】Version10.0
【MacOS】High Sierra バージョン10.13.6
【git】version 2.15.2(Apple Git-101.1)MacOS 標準搭載版

gitの初期設定

gitの初期設定を行います。

MacOSのターミナルより、以下のコマンドでユーザー名とメールアドレスを設定します。

ここで設定したユーザー名とメールアドレスはコミットログなどに利用されますので、公開しても問題ないものにしてください。

以下のコマンドで設定の確認ができます。

ローカルリポジトリの作成

プロジェクト作成時にリポジトリを作成する方法と、既存のプロジェクトに後からリポジトリを追加する2パターンを紹介します。

プロジェクト作成時

Xcodeでプロジェクト作成時に「Create Git repository on my Mac」をチェックするだけで、リポジトリが作成されます。

プロジェクト作成時のリポジトリ作成

既存プロジェクトのリポジトリ作成

リポジトリを後から作成するのも簡単。

次の2手順を実行するだけです。

リポジトリ作成手順1

リポジトリ作成手順2

コミット

リポジトリが作成された状態で、プロジェクトに対してファイルの変更や追加を行うと「Project navigator」にM(変更)、A(追加)などのマークが表示されるようになります。

ファイル変更マーク

変更内容をコミットするにはメニューから「Source Control」→「Commit…」を選択

コミット手順その1

この画面でコミットコメントを入力し「Commit」ボタンを押します。

コミット手順その2

これでローカルリポジトリへのコミットが完了です。

さらにリポートリポジトリへ反映(push)する方法はこちらを御覧ください。

XcodeでGitLabを使う
XcodeでGitLabを使う手順が意外と見つからなかったのでまとめてみました。本記事では、ローカルにあるXcodeのプロジェクトを、GitLabに新規登録する手順を解説します。既にXcodeでgitを使っている事を前提としていますので...
開発
スポンサーリンク
カピ通信

コメント