【Swift】CGRectの使い方

CGRectは長方形の位置とサイズを保持する構造体です。
頭のCGはAppleの描画系フレームワーク(Core Graphics)の略です。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】11.6
【Swift】5.2.4
【iOS】13.6
【macOS】Catalina バージョン 10.15.6
スポンサーリンク

使い方

初期化

2種類のイニシャライザがあります。

第1引数(origin)で長方形の左上角の位置をCGPoint構造体で指定します。
第2引数(size)では長方形のサイズをCGSize構造体で指定します。

長方形左上角の位置と、長方形のサイズを各々数値で指定します。
数値の型は、Double、Int、CGFloatが使えます。

プロパティ

次の2つのプロパティを保持します。
値の取得、設定共に可能です。

origin
長方形の左上角の位置をCGPoint構造体で保持。

size
長方形のサイズをCGSize構造体で保持。

Computed(計算)プロパティ

下記のComputerdプロパティを保持します。
全てCGFloat型で、値の取得のみが可能です。

height
長方形の高さ

width
長方形の幅

minX
長方形の左端のX座標

midX
長方形の中心のX座標

maxX
長方形の右端のX座標

minY
長方形の上端のY座標

midY
長方形の中心のY座標

maxY
長方形の下端のY座標

タイププロパティ

origin、sizeの全ての値が0のCGRect構造体を返します。

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

【Swift】CGPointの使い方
CGPointは2次元座標値を保持する構造体です。頭のCGはAppleの描画系フレームワーク(Core Graphics)の略です。
【Swift】CGSizeの使い方
CGSizeは幅と高さの情報を保持する構造体です。物理的なサイズだけでなく、距離ベクトルを表す為に使用される事もあります。ベクトルとしてその値は負になる可能性もあります。
【Swift】CGFloatの使い方
描画系の処理などで頻繁に出てくるCGFloatについて解説します。
スポンサーリンク
swift
カピ通信