【Swift】CGFloatの使い方

描画系の処理などで頻繁に出てくるCGFloatについて解説します。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【Xcode】11.6
【Swift】5.2.4
【iOS】13.6
【macOS】Catalina バージョン 10.15.6
スポンサーリンク

CGFloatとは

CGFloatは座標やサイズを表す際に使用する専用の実数型です。
ビルドするCPUアーキテクチャによってサイズと精度が異なり、64ビットCPU用にビルドする場合はDoube型と同様、32ビットCPUにビルドする場合はFloat型と同様です。

頭のCGはAppleの描画系フレームワーク(Core Graphics)の略です。

使い方

Swift標準の型とほぼ同様の使い方になります。

代入

キャスト(型変換)

引数の型がCGFloatの場合

引数の型がCGFloatの場合、通常数値をそのまま書くことが可能です。

他の型のプロパティを渡す場合は、次のようにキャストが必要です。

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

【Swift】CGSizeの使い方
CGSizeは幅と高さの情報を保持する構造体です。物理的なサイズだけでなく、距離ベクトルを表す為に使用される事もあります。ベクトルとしてその値は負になる可能性もあります。
スポンサーリンク
swift
カピ通信