iPhoneの標準カレンダーとGoogleカレンダーを同期する手順

(2019/05/11 更新)

iPhoneの標準カレンダーとGoogleカレンダーを同期する手順を画像付きで解説します。

スポンサーリンク

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

【iOS】12.2

接続手順

アカウントの追加

設定」→「パスワードとアカウント」を開きます。 ここでは「アカウントを追加」を選択します。

画像:アカウントの追加

追加するアカウントの選択

追加するサービス候補一覧が出ますので「Google」を選択します。

画像:追加するアカウントの選択

Googleアカウントにログイン

カレンダーを同期するGoogleアカウントにログインします。

画像:Googleアカウントにログイン

同期するサービスの指定

Googleへのログインが成功すると、以下のような同期するサービスの選択画面が開きます。

今回は「カレンダー」だけ同期しますので、それ以外のサービスはOFFにします。

カレンダー」をONにすると、現在iPhoneにあるカレンダーをどうするか聞いてくるので、任意に選択します。

画像:同期するサービスの指定

設定が終わったら「保存」を押します。

画像:設定の保存

以下のようにアカウントに「Gmail」が表示されると、アカウントの追加は成功です。

画像:追加後

同期するカレンダーの選択

iPhone標準のカレンダーアプリを開いて、画面中央下の「カレンダー」を押します。

画像:カレンダー選択画面を開く

同期するカレンダーをここで選択します。 「完了」を押すと、設定が完了します。

画像:同期するカレンダーの選択

最後に

iPhoneの標準カレンダーとGoogleカレンダーの同期手順を解説しました。

Googleカレンダーの予定を変更してから、iPhoneの標準カレンダーに範囲されるまでに、若干タイムラグがありますのでご注意下さい。

コメント